話がとまらないばーば

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/tyari

将来ありえるかも・・

3・4年前だったと思うが福井視覚障害者センターの図書館で

「70歳 死亡法案可決」の本を借りたことがあった

 

あらすじは幻冬舎の引用

 

2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。

破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決する。
2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜び感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せないでいた。

我儘放題の義母(84)の介護に追われた十五年間、懸命に家族に尽くしてきた。

なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつかない娘(31)は、みな勝手ばかり。「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて……。

 

 

 

最近のお義母さんは時々息子の事が分からなくなってきて

あそこに居るのは誰か?と聞くことがある

 

朝夜の着替えから、時々失敗する下の世話までしつつある現状を思うにつけ

子供に迷惑をかける老後にだけはなりたくないと強く思う

 

後15年もすれば団塊世代が80を越える

その頃の日本っていったいどのようなことになるのか

誰もが感じる不安

 

本のタイトルにあるように「死亡法案可決」をすれば

日本国破綻を回避出来るかも知れない

 

でも、70は早いよね、せめて85にして欲しい 笑

 

 

 

 

 

 

 





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11555906c.html
| コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

家庭崩壊が残虐な事件の要因とも・・
そのひとつに高齢者があるのですね・・
寿命ばかり延びても、肝心の中身を整理しないで世界1の長寿はおこがましい・・・寝たきり高齢者の問題をどぎゃんとせな〜アカン
現実には何も手が付けられていまい・・もうギリギリまできてるんですよ・・安倍さんよ〜

[ 速歩ランナー ] 2017/02/18 13:08:46 [ 削除 ] [ 通報 ]


社会保障制度が財政を圧迫しつつある現状ですから
国の方針は介護は家庭でを推進しつつありますよね
ニュースには出ない悲惨な事件も増えていくと感じます

今の医療は生かすことが前提ですが
将来は方向転換せざるを得ないようになるものと思われます

長生きが美徳と思っている戦前世代ですが
我々は長生きはしたくないと思う世代ですよね
そうなれば明るい未来が開けるように思います


[ 茶利 ] 2017/02/19 8:38:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
罪の声
おめでとう!
焼酎でうどんこ病の退治
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
茶利イメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<