話がとまらないばーば

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/tyari

地獄の沙汰も金次第って思ってるのかしら・・笑

お義母さんが自然骨折で入院したのは3月2日

4月の始め、今後のことをどうするかを

院長先生・ケアマネさん・私の3人で話し合った

 

3月下旬、右目の白内障と緑内障の同時手術で入院していたお義父さんは

気になりつつも私に任せるしかない

お義父さんからは今入院している病院が近いので

なるべく長く入院させて欲しいと頼めということだった

 

病院側としては、今はもう医療行為は無いので

病院間提携のリハ専用病院へ転院してもいいが

必要条件として2ヶ月以内だし、そこに行っても3ヶ月しか居られない

とすればショートがいいのではないかとのことだった

(リハ専門病院も遠くは無い)

 

ケアマネさんの意見も踏まえての結論は

ホームに入る待機としてショートを使うということで決着

 

目の手術も順調に回復し、退院したお義父さんに説明するべく

ケアマネさんが来てくださった

(私が説明したところで納得するジジイではない!)

 

ケアマネさんが一応の説明をしてくださるが

お義父さんは、リハ専門病院へ入院させたいと頑固に言い続け

今からリハの病院へ行き、ベッドが空いているか確認したいとまで

わがままを押し通す

 

ああでもない・こうでもないと2時間経過する頃

ケアマネさんが「なぜ病院にこだわるのか」と聞けば

「保険がのー」と言う

 

2人とも、うつむいて笑いをかみ殺す

 

お義母さんが入院した時だって

一旦家に帰った時、お義父さんが最初に私に訊いたのは

「いくらかかるよったーぁ?」

 

 

 

やってられん

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11590843c.html
日常 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

お金の心配をするお義父さんは立派息子夫婦に心配をかけたくないと気をつかっている。ボケが始まってない証拠でいいじゃないですか、自分のおふくろなんかホームに入ってもお金がいくらかかっているかも気にしてない。子供たちが何とかしてくれるとおもっているから、感謝の言葉もない。先日、妹から電話があり、
一度3人で話合いしたいから、広島に帰ってきて欲しいと話があり、GW,お盆休みは無理として一度帰広する予定、時間がゆるすようでしたら、会いたいですね。

[ すなちゃん ] 2017/04/20 8:28:00 [ 削除 ] [ 通報 ]


すなちゃん、お義父さんは気を使ってなんかいないし
心配をかけないようにとも思っていないわよ
今のところ痴呆にはなってないから安心だけど
頑固さが凝縮されてるように感じるわね

親世代は子供が親の面倒みるのは当たり前と思っていて
私たちは親のようにはなりたくないと思う世代だわね

5月末には引っ越すので新居に来てくださいね
会うのが楽しみです

[ 茶利 ] 2017/04/20 14:11:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

90歳何がめだたい!
高齢者も障害者かい・・
もうそういう時代なんですよね・・
明日は我が身・・他人事ではありませんね・・

[ 速歩ランナー(仮装ランナー) ] 2017/04/21 7:29:07 [ 削除 ] [ 通報 ]


おはようございます
親をみていて思うのは人生を生ききるのは大変なことだなと。

親が60代の頃、ポックリ寺にお参りしたのよと言っていたのを思い出します
ピンピンコロリが理想ですけどそうはならない現実

今をしっかりと生きることかなと思うこのごろです
・・とは言っても、不平不満ばっかりですけどね

[ 茶利 ] 2017/04/21 9:04:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
岩国米軍基地
ショートステイでロングステイ
コーヒーを飲みに三良坂まで
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
茶利イメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<