旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

メキシコ

産業遺産

 

メキシコ

 

 

 

 

 

古都グアナフアトとその銀鉱群

 

16世紀から18世紀には銀の採掘で栄えた。

 

 

グアナフアトは、メキシコグアナフアト州州都である。

人口約78,000人(2003年現在)。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名である。歴史的な市街地と近辺の銀山ユネスコ世界遺産に登録されている。

グアナフアトという地名は先住民族タラスコ族言葉、「カエルのいる山がちな場所が語源であるという説がある。

毎年10月から2週間かけて、国際セルバンテス祭が開かれ、市内にあるフアレス劇場や教会の階段を利用して、セルバンテスの戯曲の上演や、コンサートが催される。

また、映画『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』はここで撮影された。

 

 

 

サカテカス歴史地区

 

グアナフアト同様、メキシコを代表する銀鉱山の町として栄えた。

 

 

サカテカス (Zacatecas) はメキシコの都市。サカテカス州の州都。街の大聖堂をはじめとする歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されている。

標高約 2,250 m の高地に位置する。16世紀コンキスタドレス(スペインの征服者)によって山の開発が行われ、メキシコ有数の鉱山都市として発展していった。19世紀前半、独立戦争中に鉱山が荒廃したため一時生産量が低下したが、まもなく生産力を回復させた。

 

 

 

メキシコの産業遺産より



産業遺産

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11735312c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
オランダ
ウルグアイ
ヴァル・ドルチャ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 63 385799
コメント 0 306
お気に入り 0 11