旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

スイス

産業遺産

 

スイス

 

 

ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画

 

時計製造業と都市[編集]

ラ・ショー=ド=フォンは「時計の帝都」とも呼ばれている[6]

再建後の都市の発展の中で、居住空間と時計工房は同じ建物の中で接近していった。典型的な工房は最上階に置かれ、大きな窓のおかげで室内は明るかった[7]。職住近接型の都市計画は、19世紀半ばにはカール・マルクスの『資本論』において、分業を分析する際の一事例として取り上げられ、「工場都市」(ville-manufacture)と評され。

そして、20世紀初頭には、工場とともに建物は特殊化していった[2]。1900年に、ラ・ショー=ド=フォンは時計の製造・流通の重要な拠点になっていた。時計工場では生産は機械化され、この時期、世界の時計生産の実に 55 % をラ・ショー=ド=フォンが担っていたのである。

1920年代まで都市は渓谷の地形にあわせて拡大を続けた。中心部では、建築物は新古典主義から派生したもので、アール・ヌーヴォーは焼き絵ガラス、タイル張りの床、壁紙、戸框、金具など、建物の内外の装飾に用いられるにとどまった。アール・ヌーヴォーやスティル・サパンの建物や邸宅は、そのほとんどが1900年代以降に発達した北部のプイユレル通り (quartier de Pouillerel) 、西部のセルニラントワヌ通り (quartier du Cernil-Antoine) 、南部のクレテ通り (quartier des Crêtets) などの都市周縁部に存在している。

現在のラ・ショー=ド=フォンには国際時計博物館がある。この博物館は半分地下に作られた巨大な博物館で、古今東西の3000点を超える時計が集められている。この博物館は同時に「人と時」研究所でもあり、時間と人間のかかわりについての多角的な研究も行われている。また、スイス計時史協会 (Chronometrophilia) の本部も置かれている

 

産業遺産より



産業遺産

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11757295c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ヴァル・ドルチャ
ノルウェイ
ドイツ
前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 74 379544
コメント 0 306
お気に入り 0 11