ひかるKunのちょうどのおとうふ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/e-tofuya

#中学生からのお手紙 #reprise

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


先日、14名の中学生からお手紙を頂いて、一人ひとりの生徒さんたちの文章から私なりに感じたことをブログに書かせて頂いたたのですが、そのブログを読んで、またまた感想のお手紙を頂いてしまいました。

「苦手なことを頑張ってみる。成長したいから……」
「丁寧に生きる」
「小さなことが大きな喜びになる」
「素直でいたい」
「何事もあきらめずに取り組みたい」
「笑顔を大切に」
「言葉は光ということを忘れないようにしたい」
「難しいことや間違えることもあると思うけれど、それを乗り越える力をこれから身に付けたい」
「将来、自分の大切な人やもののために一生懸命働ける人になりたい」

自分の言った言葉が、生徒さんたちの言葉となりこだまして返ってきました。ひかママ、55歳のおばちゃんですが、人生未だ途中の人間。こどもたちと同様、色々なこと学んで生きて行きたいと改めて思いました。





笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11449293c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙15

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島さんへ


私は、前から「光Kunのちょうどのおとうふ」は

給食でいつも食べていたので知っていました。

そして、おいしいなぁと思っていました。

でも、ビデオを見て初めて

こんな出来事があったんだ!と知りました。


そしてビデオでは、笠島さんの光くんへの思いが

とっても強くて、感動しました。

寝る時間も費やして作ろうとすることは、

私にはできないなと思います。

でも家族を思う気持ちは私も同じです。


あのおとうふで光くんがどんどん元気になっていて

すごいと思いました。


これからもおとうふづくり がんばってください‼


-----------------------------------------------


この女子生徒さんは、

「家族を思う気持ちは私も同じ」!といわれてる


私も「負けないくらい」家族のことを思っています!と

行間からその気持ちが飛び出してきそうです。


あぁ、幸せなご家庭に育っているんだなぁ。。

って思いました。


是非、そのお気持ちをご家族の方々に伝えてみて!

恥ずかしいかもしれないけどね。。

家族だから言わなくてもわかるでしょ?って

思うかもしれない。。


でも、家族だからこそ

ちゃんと自分の胸の内を話すべきだと思います。


言わなくてもわかっているようなことにも、

「ありがとう」や「ごめんなさい」と

言い合える関係はいいですよね。


ひかママは、お嫁にいくとき、

両親に(恥ずかしくて)ちゃんとお礼がいえず、

結婚しても、そのことがずっと心にひっかかっていました。


8年くらい前、

今は亡き父がパーキンソン病や認知症になり始めた頃に、

暴言を吐いて家族を困らせたことがありました。


私は北海道から遠い福井へお嫁にきてしまったので、

もう父には数回しか会えないだろうし、

大切に育ててくれたお礼を言わず後悔したくなかったので、


ある時、

「私はあなたたち両親の子供に生まれて本当に幸せでした。

 本当にありがとうございます。」と言いました。


そうすると、呆け始めていた父でしたが、

その時、急に覚醒したようにニコッと笑い、

わたしに握手を求めました。


父は、それから家族に暴言を吐くことは

なくなったようでした。


改めてお礼など言わなくても

私の気持ちをわかってくれている父でしたが、

「言葉は光」といいますから、

私からの感謝の気持ちは光の言葉となって

父の心に届いたのではないかと思っています。


家族間だけではなくあらゆる人間関係に於いて

お互いに気持ちを生かしあうということが、

人間としての務め(仕事)であり、

人としての役割だと思います。


職業としての仕事も他者を生かすものであれば、

どのような仕事でも尊いと思います。


みなさん大人になってどんな職業につくのでしょう?

誰かのために一生懸命、働けたらいいですね


------------------------------------


14名の学生さんからのお手紙の掲載は、今日で終わります。


思いつくままにコメントさせていただきましたが、

みなさんの思いに応えるものではなかったら、

申し訳ございません。


みなさんのお手紙を読んで、

益々、おとうふ造りに励みたいと感じました。


お手紙を頂き、本当にありがとうございました。


また、夏休み前と2学期に

「ひかるKunのちょうどのおとうふ」が

みなさんの中学校にお邪魔するかもしれません。


その時は、また私たち家族のことを思い出しながら

食べてくださいね


これからも宜しくお願い致します♬







笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11434526c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙14

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店様


この前の授業で、笠島豆富店のお話を聞いて

「何のために働くのか」についてを考えました。


自分の将来、したい事だけをして

生きていけるわけではないです。


自分の生活・家族を支えていくためには

苦しくて辛い事のほうがきっと多いんだと思います。


でも、毎日、毎日、頑張って努力して得るものよりも

おおきいものと喜びはないと

笠島豆富店のお話から学びました。


ひかるKunのちょうどのおとうふ、大好きです。


-----------------------------------


この女子生徒さんのお手紙を読んだとき、

まず思ったのは、とても字が綺麗だということ。

(一字一字とても丁寧に書かれています。)

そして、とてもバランスよく文章が書けていること。

さらに内容も素晴らしい!と。。


きっと真面目なお子さんで、

お勉強もできるんだろうなあ。。

と勝手に想像しています。


中学生が「家族を支えていくためには

苦しくて辛いことのほうがきっと多い」とは、

なかなか言えることではありません。


想像の域を超えないかもしれませんが、

人の立場を思いやるということができないと、

このような表現はできないと思います。


毎日の努力の積み重ねということも

ちゃんと分かっている。


これから大人になって、

それを実践する機会をたくさん作ってほしいなと

心から願っています。


中学生のみなさんから頂いたお手紙で、

ひかママも色々な想いを新たにしています。


ありがとう


---------------------------------------


先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て 
「働くことの意義」を話し合ったという 
14名の中学生からお手紙を頂きました。 
生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。 

※掲載については、先生から許可を頂いています。







笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11433960c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙13

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠原さんへ(←よく笹原とか笠原とか、間違えられます 

私は光くんのためにあんなに頑張る進一さんのすがたを見て、 
かっこいいと思いました。 

私は今、そんなに思って、がんばる人はいませんが、 
もしかして将来そういう人が、できるかもしれません。 
そういう人ができるといいなと思いました。 

あの映像を見て、私はとてもかなしくなりました。 
さいごに涙がどわっと出ました。 
小学生ぐらいの時に見て、その時はよくわかりませんでしたが、 
いま、もう一回見て、とてもかなしくなりました。 

栄養一杯の豆腐をつくるのは、むずかしいし、
かんきょうもととのっていないと、できないので、 
とてもくろうしただろうと思います。 

でも、一人ではなくいろんな人の手伝いで 
「光くんのちょうどのおとうふ」をつくれてよかったと思います。 

いま、わたしたちは、おいしく食べています。 
これからもがんばってください! 

---------------------------------------------- 

この女子生徒さんは、6年前のアンビリバボーを 
観ていた記憶があるのですね。。すごい! 

改めてみて、涙を流すほどに悲しくなったと。。 
そんなに感動してくれるなんて、
大人になったということですね。 

自分も将来、誰かの為に頑張れたらいい。 
そんな誰かができるといいな 
という女の子らしい思いが素敵です♪ 

「ひかるKunのちょうどのおとうふ」は、
私たち家族が光への思いを込めて作ったわけですが、 
その思いは特別でもなんでもなくて。。 

みなさんのご両親のみなさんに対する思いと同じものです。 
誰でも我が子が病気になったら、助かってほしいと思います。

今度、恥ずかしいかもしれないけど。。
ご両親へ(または、育ててくれた方に)真顔できいてみてください。

「私のこと(僕のこと)を大事に思ってくれてる?」って。。

中学生だから、
そんなこと恥ずかしくてとっても聞けないかもしれないし、
ご両親も応えるの恥ずかしがるかもしれないけど。。
たまにそういう言葉を交わすのもとても大事なことだと思います。

ひかママもそういう会話がとても苦手でしたが、
光がダウン症で生まれて、重度の知的障がいがあり、
お話しができないので、恥ずかしくても。。
あえて光に聞くのです。

「お母さん(やお父さん)のこと好き?」って。。
光もちゃんと答えてくれます 「ウン」って。。

気持ちがほっこりします!
なんか頑張れる気がします!

みんなも周りの人に聞いてみて!!笑


--------------------------------------------------------- 

先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て 
「働くことの意義」を話し合ったという 
14名の中学生からお手紙を頂きました。 
生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。 

※掲載については、先生から許可を頂いています。


笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11432787c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙12

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店さん。


授業で、ひかるKunの物語を見て、とても感動しました。

わたしたちが、給食で食べているとうふが、

あんなに時間をかけて苦労して作ったものだと知り、

感謝の気持ちと「すごい!」という気持ちで、

いっぱいになりました。


光くん自身の頑張り語、いつも光くんの周りにいた、

笠島豆富店のみなさんが起こした奇跡だなと思いました。


光くんもすごいと思ったし、大切な光くんを思い、

あきらめず豆腐を作った、笠島豆富店のみなさんも

尊敬するぐらいすごいなと思いました。


そしてFacebookの返事がきたと先生から聞いて、

とても嬉しかったのです。

ありがとうございました。


光くんのちょうどのおとうふ とてもおいしくて大好きです!


------------------------------------------------


可愛らしい絵を描いてくださったのは、

(多分。。中学2年生?の)女子生徒さん。


今回、お手紙をくださった皆さんの中学校には

マスコット・キャラクターがいるそうです。


先生がご丁寧にキャラクターの写真も添付して

くださったのですが、

そのキャラクターと一緒にいる「ひかるKun」を

上手に描いてくれて、とても嬉しいです♪


本当にありがとう♪


この生徒さんが描いてくれた「ひかるKun」は

とても優しい表情でニコニコしていて、

描いてくれた生徒さんご本人も

優しい子なんだなぁ〜と想像しています。


実は、光は高校2年生の時に、

精神的に不安定になり、

3ヶ月間学校へ行けなくなりました。

眠れなくなり、表情も険しくなり、

自分の殻に篭ってしまった時期がありました。

光は、お話ができないので、

自分の思いが伝えられなかったし、

周りの家族も光の気持ちをわかってあげられなかった。

じ〜っと見守ってあげることしかできませんでした。


でも、少しずつ光なりに自分の気持ちに折り合いを

つけられるようになったのか、

高校三年生になってからは、また学校に行けるようになりました。


卒業して、現在は福祉施設で作業をしています。


最近は、描いてくださった「ひかるKun」のように

ニコニコして表情が明るくなりもとの光に戻りました。


ニコニコしている光を見ていると、

これもまた「奇跡」だなと感じています。


描いてくださったイラストは、宝物にします♪

本当にありがとう


---------------------------------------------------------

先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て

「働くことの意義」を話し合ったという

14名の中学生からお手紙を頂きました。

生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。


※掲載については、先生から許可を頂いています。




笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11431392c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙11

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店さんへ


私は ひかるくんのちょうどのおとうふの話を聞いて

とても感動しました。


進一さんの豆ふ作りを手伝ったくれる人たちがいることが

すごいと思いました。


絶対にあきらめなかったのが

奇跡を起こしたのかなと思います。


息子のためにというところで

私は誰かのために働くという大切さを知りました。


ありがとうございました。

これからも頑張ってください。


------------------------------------------------


「ひかるKunのちょうどのおとうふ」ができたことも、

自然に協力者がでてきたことも、

光、本人が病気が治癒したことも

本当に奇跡的なことでした。


アンビリバボーに出たことで、

全国各地から電話が鳴りっぱなしで注文も殺到しました。

家族と当時の従業員だけでは対処しきれないくらいでしたが、

そんな時にも手伝ってくれる人が自然に集まってきてくれて、

その後も奇跡的なことはずっと続きました。


でも「奇跡」というのは特別なものではなくて、

みんなの目の前にもある。


自分が生きていることも、息をしていることも

本当は「奇跡」なのだと思います。


お父さんとお母さんのもとに

ご縁をもって生まれてきたことも「奇跡」


私たちは奇跡の連続の中で生かされているんですね。


だから有り難いなぁと思って、

「感謝」の心で生きていると

何事にも一生懸命になれるし、

誰かのために働くということも

自然にできてくるのではないかと思います。


------------------------------------------------


先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て

「働くことの意義」を話し合ったという

14名の中学生からお手紙を頂きました。

生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。


※掲載については、先生から許可を頂いています。





笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11430132c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙10

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店さんへ


私たちは「働く」という観点から動画を見ました。

でもやっぱり「家族の愛」が大きく伝わってきました。


大きな機械もお金も充分にないなかで

ひかる君のために豆腐を作って本当にカッコイイなと思いました。


ひかる君はまだ2歳という年齢で病気と闘って回復して

その頑張りで豆腐が完成したんだなと心から強く思いました。


私の学校でも「ひかるくんのおとうふ」は出ています。

食べやすい大きさで栄養が沢山つまっているなんて

知りませんでした。


また豆腐を食べる機会はあるので、

作ってくれた人達の思いを忘れずに食べたいです。


そして一番身近にいる家族を大切にしたいです。


ひかる君、お元気ですか。

私もひかる君のように辛いことも乗り超えていきます!


-------------------------------------------


このお手紙は、1年生か2年生かわからないけれど

女子生徒さんからのものです。


動画を見て「家族の愛」を感じ、

自分も一番身近にいる家族を大切にしたい。。

そして、辛いことも乗り越えていきます!と。。


そのまま。。その素直さをもって。。

ずっと成長していってほしいなぁと思います。


「素直さ」って生きていく上でとても大事なことです。


これから様々な人間関係を築いていかれると思いますが、

「素直さ」は、良い人間関係を築くのに大切な鍵となります。


家族間でも「素直」なのがいいよ



ところで、ひかるKunは元気です!19歳になりました。

もともとダウン症候群という重度の知的障がいがありますが、

白血病の治療を終えてからは、大きな病気もせずに成長し、

昨年の春、福井南特別支援学校高等部を卒業しました。

今は、福祉施設で作業をする毎日です。


先週の土曜日、福祉施設の運動会があったのですが、

利用者の方々は勿論、施設のスタッフの方々、

親御さんたち、たくさんの方々に

「ひかるKun!」と声をかけてもらえて、

本当に幸せな子だなぁと思っています。


6年前にアンビリバボーにでたことで、

「ひかるKun」は、とんだ有名人になってしまいました(笑)


笠島家は、毎日わいわいガヤガヤ。。

元気に明るく生きています


----------------------------------------


先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て

「働くことの意義」を話し合ったという

14名の中学生からお手紙を頂きました。

生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。


※掲載に関して、先生から許可を頂いています。





笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11429537c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙9

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店様へ


ぼくは、この前の学活の時間に進路学習をしていました。

その時のテーマは、「働くことの意義」でした。

そこで先日 給食にでた

「ひかるKunのちょうどのおとうふ」に

についての動画を見ました。


6年前のアンビリーバボーで笠島豆富店様が

ひかるくんのために新商品の開発という難しいことを

成しとげていました。


色んな人の協力があったりしていたけど

それは、ひかるくんを助けようと

必死に働いていたからこそのことだと思います。


だから、僕も一つ一つ一生懸命に大事にして

生活していきたいです。


--------------------------------------------------


このお手紙は、中学2年生の男子生徒さん。


他の人の協力があったのは、

必死に働いていたからこそ。。と動画をみながら

感じて下さったこと、本当に嬉しく思います。


そして「僕もひとつひとつ一生懸命大事に生活する」と。。


丁寧に生きることは、本当に大事なこと。


なにか困難なことにぶつかったら、

人のせいにせずに、

逃げずに一体なにが問題なのか。。

どうしたらいいか、向き合って考える。

手さぐりでいいから、

良いと思ったことをやってみる。


一生懸命、目の前のことに取り組んでいたら、

それを見ている人もいて、自然に協力者がでてくる。


丁寧に生きていたら、

直ぐに感情的にならずに、

何事も冷静に眺められる。


小さなことが、大きな喜びとなる。


混乱の時代だからこそ、

丁寧に生きることが必要だと思います。


中学生から改めて教えられる ひかママです◎


--------------------------------------------

先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て

「働くことの意義」を話し合ったという

14名の中学生からお手紙を頂きました。

生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。

※掲載に関して、先生から許可を頂いています。










笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11428764c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙8

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島さんへ


わざわざ お返事をくださりありがとうございます。


僕はまだ「人のために全力で物事をする。」ということを

していないので やってみたいと思いました。


全力でぶつかってダメだったら

もちろんくやしいし悲しいけれど

成功したら とてもうれしいと思ったからです。


--------------------------------------------


「人のために全力で物事をする」ということは、

なかなか大人でも難しいことです。


自分のためなら全力ですることもできるでしょう。

「人のため」にって なかなかできないかも。。


中学生男子だから、

もしかして好きなコはいるでしょうか?

そのコのためにしたいと思うことはあるかな。。?


いなくても、好きな家族の誰かでいいや。。

家族の誰かのために。。


例えば、

お母(父)さんの主婦としてのお仕事のお手伝いや、

自分のことを(お母(父)さんに言われる前に)

やり続けるのでもいい。。


母(父)親にとって、こどもを叱るというのは、

とってもエネルギーがいることなんですよね。


お母(父)さんに余計なエネルギーを消耗させないために

自分のことを一生懸命やり続けるの。。


自分のことのようだけど。。

お母(父)さんのためにもなるよ◎


そして自分もきっと達成感を得られる!

お母さん、お父さんも

「なんかかわってきた!成長したな!」って

褒めてくれる!


そんなことから始めてみる。。

人のためになること。。


----------------------------------------------

先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て

「働くことの意義」を話し合ったという

14名の中学生からお手紙を頂きました。

生徒さんたち全員のお手紙を少しずつアップしています。



※掲載に関して、先生から許可を頂いています。



笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11428108c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

#中学生からのお手紙7

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ


笠島豆富店様へ


メッセージありがとうございます。

僕たちは働くというのは、どういうことなのかという授業で

「光くんのお豆ふ」を見せてもらいました。


そして僕は、病気で苦しんでいる光くんのために、

お父さんが、光くんの笑顔を見るために

「光くんのお豆ふ」というお豆ふを作ってあげて

僕は、光くんが元気になって、笑顔でいてほしいから、

そのために、たくさんの日をかけてお豆ふを作ったのが

すごく感動しました。


僕は、将来プロ野球選手になりたいです。

プロ野球選手は、ただ野球をするだけじゃなくて、

見ているひとに「感動・勇気」を伝えられるので、

自分のプレーでみんなに感動と勇気を

あたえられる選手になりたいです。


今回は本当にいい経験になりました。

ありがとうございました。


---------------------------------------------------


そういえば、ひかパパも中学生の頃に

プロ野球選手を夢見て、

高校から東京にでる!と決意しましたが、

周りに理解を得られず。。


次に考えたことが、早稲田大学へ行って野球をする!ということ。

そのためには、進学校へ行かなくてならなくて、

頑張って武生高校を受験して合格しましたが、

高校2年間、野球ばかりしていたので、勉強ができず、

「早稲田へ行きたい!」といえば、

先生に「おまえなんかいけるわけないだろ!」といわれた

落ちこぼれの生徒でした。。


そうそう。。以前、ひかパパの合格体験記を

このブログに載せたことがあります。


こちら↓です。読んでみてくださいね。


『野球・早稲田』これ我が青春 1

『野球・早稲田』これ我が青春 2

『野球・早稲田』これ我が青春 3

『野球・早稲田』これ我が青春 4

『野球・早稲田』これ我が青春 5

『野球・早稲田』これ我が青春 6

『野球・早稲田』これ我が青春 7 


-----------------------------------------------------


先日、授業で6年前のアンビリバボーの映像を観て 

「働くことの意義」を話し合ったという 
14名の中学生からお手紙を頂きました。 
生徒さんたち全員のお手紙を 少しずつアップしています。 

※掲載に関して、先生から許可を頂いています。




笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11425555c.html
中学生からのお手紙 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ひかママイメージ
ひかママ
プロフィール公開中 プロフィール
全国の保育園・幼稚園・学校給食・病院給食などで愛されて800万食!「ひかるKunのちょうどのおとうふ」を、色々なエピソードをまじえて皆さんにご紹介したいと思います◎
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<