ひかるKunのちょうどのおとうふ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/e-tofuya

★自慢の娘★

「奇跡体験!アンビリバボー」に出演することで、

私たち家族の歴史を振り返る機会を与えて頂いた笠島家です。

 

東京に居る娘も取材されたのですが、

彼女もまた自分の家族を振り返ったようです。

 

二人の弟が障害児。二人が病気になるたびに幼い娘は、ひたすら我慢を強いられた。

親としては、彼女に何もしてあげられなかったという思いが今でもあります。

 

彼女なりに、受け止めてきた運命。

昨日、彼女のブログに書いてあった文章をコピペしました。

よくここまで成長してくれたなぁと思います。

運命共同体としては最高の我が子たちです!

 

長い文章ですが。。読んでやってください!

 

-----------------------------------------------------------------------

 

私が受けた質問の中に、
「弟さん二人が障碍を持っていることで、Yさん(娘のこと)が苦労されたことはありますか。」
というのがありまして“あ〜やっぱり、それ聞くのね(笑)”と思いました(笑)。

弟達が障碍を持っていることで、私が苦労したことは全くないです。皆無!
弟達の病気や障碍で様々な苦労をしたのは 両親や周りの大人の人達であって、姉の私が苦労に感じる事は無かったです。私も子供だったので、姉として弟達にしてあげられる事なんて限られていますし。
そもそもこの質問の“苦労”というのは、“世間からの負い目”とかそういう風な意味だと思いますが、それもあまり気にしたことが無いですし、私にとって希実也と光は“私の弟”“私の家族”なので、障碍を持っている事で何か負い目を感じる事なんて一切無いです。

私が中学2年生の時、私の教室が特殊学級教室の近くで、弟達が給食の準備をしている姿を見ていたクラスの男子が、「兄弟に障碍者が居たら嫌だよな。」と言っていたという事を友達から聞かされました(その友達も何で一々そんな事を報告してくんだ?と思ったけど…まあ、子供でしたから仕方が無いですね。)。
その時、私は初めて「あ、世間の目ってこういうもんか。」と現実を目の当たりにしました。
勿論、障碍を持っている人に対しての知識や理解の低さから、悲しきかな 差別が多い事はわかっていたつもりでしたが、もの凄く憤りを感じました。悲しいというより、怒りです。
“健常者”と呼ばれる人の方がよっぽど心に障碍を持っていると感じました。

この一件はどうしても私には受け入れ難い事だったので、担任の先生に私の感じている事や弟達に対する思いを全て話して、先生からその男の子達に指導していただきました。とても感謝しています。
男の子達も理解して反省してくれたようですが、私も落ち着いて気持ちを整理してみると、「周りに障碍を持っている人が居なければ、理解したり 受け入れたりする機会もないものだよな。」と思い、反省しました。
私が「理解しろ!」と声を荒げて押し付けた所で、どうにもならないです。
これを機に、少しでも理解してもらえたら良いなと思うようになりました。

この事は自分から親にも話したし、先生からも親に連絡が入りました。
その時に初めてお母さんから、「希実也と光の事で、由貴が周りから何か言われたり 辛い思いをしているんじゃないかと、ずっと心配だった。」と聞かされて、びっくりしました。
私はそんな親の心配をよそに、この一件が起きるまで 一度もそんな思いをした事がなかったし考えた事もなかったので!
逆にそんな心配を掛けていたのかと、申し訳ない気持ちになりました。

でも、きっとそれは、私がそんな事を気に留めなくて良いくらい 温かく恵まれた環境を 知らず知らずの内に親や周りの大人達が用意してくれていたんだろうなと感じました。
私は弟達の障碍と共に寄り添って生きて行ける環境で育ったので、逆に気付けない事や受け入れられない考えが沢山あるという事。
それは、とても贅沢な悩みなのだと思います。

私がいつもニヘラニヘラと笑って居られるのは、この家族のお陰です。
目の前に起こる出来事を、“起こるべくして起こっている事”“前向きな試練”と捉えられるようになったのは、「光が白血病で死んでしまうかもしれない」という試練を乗り越えられたからです。それに比べたら、私の目の前に起こる些細な出来事など全て鼻くそみたいなもんだわ!(あら、下品。)
私は素直じゃないので あまり声を大にしては言いませんが、この家族の一員である事を誇りに思っていますし、本当に感謝しています。

私は、世の中の人と全てを解り合う事は不可能だと思っています。
だからせめて、私と出会って下さった方には、私を通して何か少しでも色々な事を理解していただける機会になれれば良いなと思っています。

-----------------------------------------------------------------------

 

 

ひかるKunのちょうどのおとうふ

 

 



親ばか 自慢の娘 笠島豆富店

goodポイント: 18ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p10204782c.html
家族 | コメント( 17 ) | トラックバック( 0)

こんにちは。全て拝見させていただきました。
通りすがりの者ですがコメントさせていただきます^^

>“健常者”と呼ばれる人の方がよっぽど心に障碍を持っていると感じました。
私もこのような出来事があれば同じ様に感じたと思います。
障害者への偏見があることは事実。
かと言って特別扱いや哀れむ目で見てしまうのも失礼ですよね。
分け隔てなく接することを大切に、私は養護学校の仕事をしています。

素敵な娘さまですね。テレビも是非拝見したいと思います^^

[ みかん ] 2010/03/03 12:38:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

お姉ちゃんすごいねo(^-^)o

私は、数年前から障がい者の就労支援の施設でボランティアを
してきて、昨年はそこで臨時職員として数ヶ月仕事をしていましたが、
隔たりを感じることは、ほとんどありません。
健常者の方の方が、心に障がいを持っている…というのは
分かるような気がします。

これを期に、今まで以上に笠島家の絆が深まるんじゃ
ないでしょうかo(^-^)o

明日、絶対にテレビ見ますね〜(^_-)-☆

[ mayu♪ ] 2010/03/03 16:14:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

素敵なお姉ちゃんですね。私は昔、養護学校で働いていたことがあり、子どもたちや親御さんから多くを学ばせて頂きました。違った立場の人と触れる機会がないと、子どもは他人への思いやりが持てないこともあるかもしれません。それは大人も同じです。世界にはいろんな人がいるのですから、様々な出会いがあると居心地の良い場所が増えるのではないか、と思います。素敵なお姉ちゃんに育ったのはひかパパさんやママさんはじめ周りの方も素敵な方だったからですね。
明日の放送、楽しみにしています!

新宿[ みー ] 2010/03/03 18:51:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

のりちゃん、yukiちゃん頼もしいね。。
さすが、のりちゃんとひかパパの娘です!!

のりちゃんがyukiちゃんデザインの服着て、撮った写真を送ってくれた夢を見たことがあるのよ。。

私の夢は正夢が多いのよ。。^^

明日を楽しみにしてるね。。^^

[ MISUZU. ] 2010/03/03 19:55:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

こんにちは。

明日は家族でTVみますね。

[ 野菜館 たか ] 2010/03/03 20:30:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

みかんさん♪ コメント頂き有難うございます。
幼い頃から辛い思いをしていたはずの娘が
成長し、自分の立場からだけでなく
反対の立場からも物事を眺められるようになったのかと
本当に嬉しく思いました。(親ばかですみません。)

出演するのは恥ずかしかったのですが
みなさんの協力で成り立ったものですから
どうぞご覧くださいね♪

[ ひかママ ] 2010/03/03 21:19:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

mayu♪さん☆
長年、笠島豆富店を応援してくださって
本当に有難うございますヽ(^o^)丿
みなさんの応援があったからこそ今まで頑張ってこれました!
そしてこれからも見守ってくださいね♪
そういう意味では。。みなさんにテレビでご挨拶ができるので
よかったかなと思ったり。。(笑

[ ひかママ ] 2010/03/03 21:24:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

みーさん♪
私たち夫婦も子どもたちもとても人に恵まれてきました。
そういう意味で本当に幸せだと思います。
たくさんの人に出会って、色々なものの見方・考え方が
あるのだということを知って。。
お互いを生かし合う。。そういう中で差別も区別も
なくなっていきますよね?
みーさんは、養護学校で働いていらしたのですね。。
私の中のみーさんのイメージ。。パズルの一片が埋まって
なるほどなぁ〜と今 思っているところですヽ(^o^)丿

いつもコメント有難うございます♪

[ ひかママ ] 2010/03/03 21:29:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

MIちゃん♪ 
いつも親ばかでスミマセン(笑
でもMIちゃんなら分かってくれるよね?
前から親ばかだし。。
ゆきのデザインした服??着れるかなぁ〜?

[ ひかママ ] 2010/03/03 21:34:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

たかさん♪
ありがとうございます!
とっても恥ずかしいのですが 見てくださいね♪
「ちょうどのおとうふ」の誕生秘話です◎

[ ひかママ ] 2010/03/03 21:36:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

頭が下がります
そして、ひかママさんの家族の暖かさが改めて
深く感じます。なんと優しく心のきれいなこと
お嬢さんから「この家族の一員」に感謝の言葉
素敵なご家族のテレビ、明日は録画になりそう
ですが必ず見ます、いや見せてくださいね

[ ポケパ ] 2010/03/04 0:45:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

noriが育てた子供だね〜
ほんと・・・そう思うよ
「子は親の鏡」
難しい説明なんて要らないね〜
それが全てだよ♪

[ konkon ] 2010/03/04 1:19:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

今日は。

若い方のブログも色々と読んでいますが、「ああ、ブログって本当に素晴らしいなぁ!」と心から思えた娘さんの文面でした。
心打たれました。
ひかママさんの日々の記事を読んできたから、尚更です。

ああ、私の人生もこんな娘が欲しかった…。

今晩の放送、楽しみにしています。見るのは後日になりそうですが、笠島の皆さんのように凜とし、姿勢を質して見ます。

[ 途夢b待人 ] 2010/03/04 14:16:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

本当に温かいご家庭なのだな〜・・と
心から思います。
どんなにお金があっても、どんなに世の中の地位が高くとも
心が貧しい人たちが多い中で、なんて豊かな心を持ったお嬢さんなのでしょう。
素直な優しさの中にも凜とした生きる姿勢を感じます。

京都[ ひなた ] 2010/03/04 21:49:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

テレビ拝見しました。素晴らしいご家族ですね。
私も姉が障害者でした。ひかるちゃんのお姉さんと同じく、私は姉を誇りに思っています。
そして私の家族も!姉のおかげで素晴らしい経験をさせてもらいました。そしてそれは私の娘たちにも伝わりました。
姉は今はもうお空ですが素晴らしい財産を妹の私に残してくれました。感謝です。妹に産まれ感謝です。

[ ちーこ ] 2010/03/04 22:32:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

ゆきちゃん かわいかった〜。
笑顔 最高。
いいお嬢さんだーー。

[ まいっか(^o^) ] 2010/03/05 14:19:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

マラソン人生も40年以上になりますが・・ここ3年ほど前よりは・・もう十分に走れせてもらいましたしもう早くも走れないし早く走る必要もないのでと自作の仮装具で大会に参加させてもらってます・・今までの感謝の恩返しになればと・・仮装で走ることはそれだけで普通の3倍?は苦しいのですが・・沿道の応援の子どもたちや給水所のボランテイアのおばちゃんや中学生などにも少しでも楽しめたらと・・1レース、1大会を死にもの狂いで頑張らせてもらっています・・
身体が動く限りは健康に感謝し一人でも多くの人が笑顔で元気になればと・・願いつつこれからも・・まだまだ新米の仮装ランナーですが 頑張りたいと思います。  ありがとうございます。感謝報恩の心で・・

[ 速歩ランナー(仮装ランナー) ] 2017/09/05 2:26:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
#dynabook #マイパソコン
#結婚記念日
#面白家族
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ひかママイメージ
ひかママ
プロフィール公開中 プロフィール
全国の保育園・幼稚園・学校給食・病院給食などで愛されて800万食!「ひかるKunのちょうどのおとうふ」を、色々なエピソードをまじえて皆さんにご紹介したいと思います◎
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<