ひかるKunのちょうどのおとうふ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/e-tofuya

#ポール来日

三行半覚悟で。。姉たちと行ってきた
ポール・マッカートニーの東京ドーム公演は、
本当に感動しました!

「感動」のひとことでは、とてもとても表せませんが。。

ポールは、今年6月18日で75歳になるのですが、
公演中は、水一滴も飲むこともなく39曲を歌い上げました。
シャウトする歌もあったのだけれど、
キーも変えずに声がちゃんと出ていたのは
素晴らしかった

ビートルの中では、(多分)一番サービス精神が旺盛な人。
でもサービス精神が旺盛なだけでは、
あのパフォーマンスはできないと思いました。

歌っているその姿は、
亡くなったビートル(ジョンやジョージ)
お世話になった関係者や
コラボしてきたアーティストの分まで
歌っている気がして。。
私には、とてもストイックな姿にみえました。

素晴らしい仕事師だとも思いました。

そして、誰でも知っているような曲ではなくて。。
アルバム「ラバーソウル」に入っている
"You won't see me"という歌を歌い始めた時に、
妙にツボって涙してしまった ひかママです
自分でもここでなくんですか?みたいなタイミング(笑)

亡きJohn Lennonnに捧げる歌"Here Today"
亡きGeorge Harrisonには
「ジョージ素晴らしい歌を有難う!」と言って
"Something"をウクレレで弾き始めた時も、泣けた!!

ひかママの本命はGeorge Harrisonで。。
実は、ポールはあまり好きじゃなかった!
あんなにリンダを愛していたのに。。
そのあと2度も結婚するなんて。。
私には理解不能だったのですが。。

JohnでもGeorge でもなく。。
Paulが長く生かされて、
70代までワールドツアーで歌う
そういう役割と意味があったんだと思い、
彼の人生をそばで支える人がいてもいいのだと。。
今回の公演を観て
私はとても合点がいった。。

ポールのストイックな姿に感銘を受け、
初めて、「この人 好きだなぁ〜」って、思いました。

2月、ジョージの誕生日前に。。
久々に熱に浮かされて寝込んでいたときに。。
今回の公演のチケットの先行予約の締め切りがせまり。。
数時間前に、姉たちとLineをしていて。。
何気なく「ポールの公演に行きたい病にかかっています。
あと数時間で先行予約締切なんだが。。」と
ボヤキに近い状態でつぶやいていたら。。
札幌にいる姉、東京にいる姉も
「私も行く!」と言ってくれて。。
今回の三姉妹ポール公演ツアーが成り立ったのでした。
姉たちも感動して
「いや〜やっぱり、このコンサート18000円以上の価値があったね〜」
と言ってくれたので感謝です!

光と介護状態のババーズをひかパパと長男に託して
行くことを思うと、とてもとても一人で決断できなかったけど。。

ポールの年齢、私も年齢的に最期のような気がして
姉たちと合流する形で「行けるようになって」
本当に感謝しています。

たかが、東京へ行くだけのことですが。。
やはり自分のおかれている環境のことを思うと
自分の我儘で行くことに躊躇します。
でも今回は、勇気をだして行って(言って)みて良かった♪

そんな私のために歌ってくれた歌の数々!
4月27日の東京ドーム公演のセットリストを
自分の覚書のために記載しておきます。

01. Hard day's Night
02. Junior's Farm
03. Can't Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I've Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I'm Amazed
11. We Can Work It Out
12. Inspite of All the Danger
13. You Won't See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool On The Hill
21. Lady Madonna
22. Four Five Seconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being For the Benefit of Mr.Kite
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band On The Run
29. Back In The U.S.S.R
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude

-- アンコール-- 
33. Yesterday
34. Sgt.Pepper's Lonely Heart's Club Band
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumber
38. Carry That Weight
39. The End

笠島豆富店 ひかるKunのちょうどのおとうふ




改めて、家族の面倒を看て。。
私の送り迎えをしてくれた ひかパパに感謝します


#PaulMcCartney #OneOnOne

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000006749/p11595603c.html
音楽について | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

同世代としては・・も〜なんも云えん・・号泣です・・
会場の雰囲気だけで息が詰まるくらい緊張します・・
75歳でもまだ昔の声で唄える・・凄いことですね・・
日常生活も規則正しく健康的なんでしょう・・感動報告感謝・・

[ 速歩ランナー(仮装ランナー) ] 2017/04/30 19:56:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

速歩ランナーさん!コメントありがとうございます。
やはり、ビートルズお好きでしたか?
東京の大学1年の時にポールの武道館コンサートのチケットを
必死でとってもらったのに、ポールは大麻所持で強制送還されてしまい、
泣く泣く諦めた元ビートルのコンサート。。
その思いも38年経って遂げることができました。
ポールは、たぶん平生から体を鍛えていると思います。
それじゃないと水も飲まずに39曲は歌えない。。
人生の最終コーナーを迎えて、お返しの人生を
歩んでいるのではないかと、私は思いました。

[ ひかママ ] 2017/04/30 21:46:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

ありがとうございます・・高校生がGSブームでしたので・・
GS・・グループサウンズの原点はビートルズですからね・・
あれから50年エラーギタリストです・・
わたしより10歳も上なのに・・思えば・・まだまだこれから・・
人を励ますなんて・・そうことをやってるんですが・・
自分を励ます・・励ましてもらいたからの裏返しの行動なんですね・・人を感動させることは半端なことではできません・・
凄い人ほど・・当たり前にやっている・・まだまだ未熟者です・・自分をがんばる・・それが人に感動を・・光栄ですね
沿道の応援者と寄り添うマラソンを・・がんばります  感謝

[ 速歩ランナー(仮装ランナー) ] 2017/05/01 19:12:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
#One On One Tour
#ウクレレ ukulele
#あの日 あの時
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ひかママイメージ
ひかママ
プロフィール公開中 プロフィール
全国の保育園・幼稚園・学校給食・病院給食などで愛されて800万食!「ひかるKunのちょうどのおとうふ」を、色々なエピソードをまじえて皆さんにご紹介したいと思います◎
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<