話がとまらないばーば

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/tyari

○と点で大違い

2月ごろ息子から電話があった

 

おかん、パリに行く?

えっ?誰と?

嫁のお母さんと一緒に。

えっ?2人だけでか?

わしらも行く

そう、じゃぁ行くわ

 

1月ごろ、ボスから6月にフランスに行こうと誘われたが

丁寧に断った

電話の後、俺には断って息子ならオーケーとはなぁと呆れられる

息子たちと一緒の方が楽しそう

期待は膨らむばかり

 

 

4月ごろまた電話があり

 

バリのチケットを取ったよ

えっ?今バリって言った?

そうだよバリ島

パリじゃなかったの・

バリ島

 

 

ぐううう・・パリではなかったのか

てっきりパリだと思ってウキウキしてたのに・・

 

 

最初は、嫁さんの両親を誘ったらしいのだが

お父さんは仕事で行けない

だけど、お母さんは行きたい

それならと私に白羽の矢が飛んで来たようだ

 

嫁さんのお母さんとは顔合わせの時と結婚式の時ぐらいで

ほとんど話したことは無いが、気さくでいい人なので

 

楽しい旅になりそうです

 

 

1日から10日間、バリ島で真っ黒になってきます

 

 

 

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11429477c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昔の話題ですが・・4

 

 

2009年9月下旬の話題です(加筆しています)

写真も残っていないのでそのまま使用しています

 

****

 

以前、仁川空港はトランジットで利用したことがあるものの

降り立ったことが無いので今回は仁川に行ってきました


仁川は2014年のアジア大会に向け
ホテルやらアパートの建築ラッシュでございます。

 

新しく作っている町の建物はカラフルで

舗装道路も整備され街路樹も植えられ

素敵なエリアでしたが、ちょっとオカシイと思ったのは

マンホールのしつらえです

完全に舗装され、車も通っている新しい道路の

マンホールの蓋が舗装面より5センチから10センチも

所によっては20センチも低い位置にあるのです

通る度にタイヤが沈みガタンとなるのですよ

日本では考えられない



今日書きたかったのはそんなことではなく


仁川空港は小さな島に作られています。
漁村だった島に空港が出来、

ホテルや繁華街・アパートが出来
2万人以上の人が住んでいるそうです。

仁川空港から仁川市内へは旧大橋を使えば1時間半かかり
将来韓国の玄関口として位置づけられる仁川には
もう一つの橋が必要でした。
そこで片道21キロ以上の橋が海の上に作られました。

9月初めの開通予定がずれ込んで10月末の見通しだとか。
その橋を、訳あって開通前に渡りました

 


反対車線を走っているのがお解かりでしょうか。 


(分かりにくいですね、今回、記事をアップするために

 見直しても分かりにくいなぁーと思います)

 

(こんなに小さい写真になるとは・・・)

 

国内で新しい橋が開通する前に歩いて渡るとかのイベントがありますが

ニュースで見るだけで、実際に開通前に渡ることなど無い私が

外国の、開通前の橋を渡ることができ
感動で胸がキュンキュン弾けちゃいましたよ。
ビデオを持参しなかったことが悔やまれる30分間でした。


10月10日には開通祝いとして
往復42.195キロのフルマラソンが行われるそうです。
盛り上がることでしょうね。

 

海側から見た風景(借り物)

 

 

 

*** 

ここからは今回アップするので思い出したスペシャルです

 

空港がある島の安宿に泊まった時の事

近くの風呂屋に行きました

利用した風呂屋さんは古びたビルの3階にあり

浴槽も小さく、開業しているのが不思議なほどのボロ風呂屋さんでした

お客さんもおばあちゃんばっかり2・3人

 

浴槽の傍に、簡易式ベッドがあり、ご婦人が体を洗ってもらっています

そうか!これがアカスリっていうものだなと私もお願いしました

料金は全身を洗って500円だったように記憶しています←うろ覚え

石鹸をたっぷりつけたアカスリ用のグローブで

丁寧に洗ってくださいます

 

ちょちょちょっと、そこまで洗うのと思うけど

大変気持ちよかったのが股間まで丁寧に洗ってくださったこと

洗い終わったら洗面器で浴槽の湯を身体めがけて

バザーン・バザーンと思いっきり浴びせてくださり

ハイ一丁出来上がり! 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11281056c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昔の話題ですが・・3

これも2007年の話題(加筆してます)

 

****

 

マドリッドからモロッコの西の端に浮かぶグラン・カナリア諸島

引き返してバルセロナと約10日間スペイン各地を歩いてきました


 

太平洋のハワイ、大西洋のカナリアと言われるだけあって
島全体がリゾート地です。

物価はスペイン本土より格段に安く
ホテルなどもありますが、キッチン付きコテージが多く、

コテージの中心にはプールがあります


人口の30倍が観光客と言われるカナリア諸島ですが
見るところはほとんどありません


暇な私は、大きなプールのほとりで人間ウォッチング

ヨーロッパ各地から保養に来られているのでしょう

長期滞在が多いように思います

タオルでちょっと隠しただけで日がな一日何をするでもなく
ボーとしている高齢者たち。

 

じ〜さんはタオルを巻いたりデカパンだったりですが

ば〜さんは堂々と全裸です

何も着ていなくても垂れた下腹がタオルの代わりになり

実に堂々として寝そべったり歩いたり


日本人では歳をとってもこんなこと考えられないなぁーと
ボーと見ていた私でした。


さて、マドリッド、グランカナリア、バルセロナと回ってきた
感想は、ひもじかった。

 

一度も外食せず、バルにも行かず、倹約倹約の旅でした


スペインは総菜屋が無いので、

安いワイン、ハム、チーズ、パンで過ごしました
朝はフランスパンを2人で分け、水を飲み、昼はチョコをかじる。

とにかく、腹が減りました。


それだけならまだいいのですが、

夫は私と一緒に歩いていることを 時々忘れるようです。

今までは何とか機転を利かして事なきを得ましたが
今回ばかりは、腹のたちっぱなし。

 


バルセロナの地下鉄は東京と同じように

3分毎に来るので私が階段を下りるのを待っていればいいのに

夫だけ先に駆け下り電車に飛び乗りました

電車は私を残して立ち去る

 

その時に限って、次の予定を話してなく

とりあえず電車に乗って考えようと地下鉄に向かったのです

 

どうしようかと青くなる私

スマホでもあれば途方に暮れることはないでしょうが 

あの頃は携帯さえも持っていない

たとえ持っていても通じなかったでしょうけど

 

 

次の駅でホームに立っている夫を発見し

事なきを得ましたが、勿論、後で大喧嘩です。

帰国時の飛行機がエンジントラブルで遅れ、

トランジットで待つこと12時間以上、

大疲れの旅だったことを報告します。



マドリードの近郊にあるトレドに行ったとき、

16世紀の映画の撮影をしていました。
今回はほとんど写真を写さなく

写真を写す行為に飽きてきたこともあって

その中で、これはまぁまぁうまく撮れたかなと思いますのでアップします。






 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11280538c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昔の話題ですが・・2

今日も2007年1月のミクシィから引いてきました

 

あのころの写真は残っていませんのでそのまま引用していますので

拡大できません、小さいままですが雰囲気は伝わるでしょう

 

 

*****

 

かねてより狗(犬)が食べたいと思っていたのだけど実現していなくて、

やっと今回食べることが出来ました。

感想はと聞かれれば、

不味くは無かったけど美味しくも無かった。


全ての獣肉は臭みがあり、

慣れた臭みなら問題ないけど、

初めての臭みには我慢が出来ないこともある中、

犬の肉の臭みは耐えられる臭さでした。

ただし、鍋の中には多量の薬膳的香辛料入っているし、

つけタレにも、何じゃこりゃ程の香辛料が入っていて、

それで臭みが消えているののかもしれないが。

地元の方々が一番信用が置けて美味しいという店に

連れて行ってくださったのだけど・・・汚い。

ベニヤ板で出来たテーブルにスチールの椅子

10人も入ればいっぱいの狭い店内

メニューは無く、グラムいくらと書かれた紙切れが薄汚れた壁に張り付いている


私たちが要望したから連れて行ってくださっただけで、

彼らはほとんど食べることは無いとのこと。
狗は元々韓国から来た食べ物で中国では食べてはいなかったという話だった。

中国の中でも狗を食べるのは北部地方だけで

韓国から流れてきた人が住む地域に多いとのこと。 

料理に使う狗は豚や牛と同じように養殖しているのだとか。

肉はスライスで出てくるので狗の姿は見ることは無いとのことなので
厨房で写真を撮らせていただいた

 



鍋にはニンニクの茎の部分、白菜、

レタス(日本のものとは違うけど味はレタス)と凍り豆腐。

スライスした肉はいくら煮込んでも硬くならない



雄の狗しか食べないらしく、意味ありげに夫に薦める皿の肉。

 

夫は私にも食べろと勧める。

 

皿の肉も鍋に入れて煮て食べるのですが

他の肉と混ざらないようお玉の中に入れたまま煮るのです

 

私も興味があって食べてみる。

豚足と同じでコラーゲンばっかり。

テーブルを囲む関係者、一様に私の反応を固唾を呑んで見守る。

私は一言、ハウチー(美味しい)


あのネェーこれは女が食べる物ではないのよ、

男が食べないと意味無いのと関係者がっかりした顔で残りを夫に薦める。

精力のつくものをガッツリ食べた後なので

今夜は頑張れると思ったが

暖房が無いホテルで寒いこと寒いこと!!!

裸になることなんて無謀!!期待に副えずごめん(笑

一泊2千円以下の安宿では暖房がないのは仕方ないのかもしれません

せんべい布団なのでコートを着て寝る始末


ところで、どこに行っても寒い中国でした。

事前の天気情報でもマイナスでしたもの。

友達はパッチを履かないと過ごせませんよと言い

ズボンの裾をまくって下着を見せてくれました。

タクシーも暖房は無し、

レストランでもコートが脱げません。

今はこの状態でもがまん出来ている中国ですけど、

今の日本と同じようになったら、

日本にエネルギーが廻ってくるのでしょうか?

将来を思うと寒さに身震いしたことです。
  

話が逸れましたけど狗は一度だけで充分です。


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11279861c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昔の話題ですが・・1

 

ホームページビルダーでホームページを作り

遊んでいたのが15年前の頃

ミクシィに乗り換え4・5年居座り

趣味人倶楽部にも顔を出し数年遊び

放浪の途中、今ここにいる

 

何を思ったか

5年以上も放置しているミクシィにログインすると

過去の日常が昨日のように蘇る

残しておいてよかった

 

以下の文章はそんな中の1ページ

 

******

 

ノルウェーのトロンハイムへ3泊4日で滞在した時の事、

2日もあれば退屈する小さな街なので

3日目にランチの招待を受けた時には小躍りした。

と言いたいところだが、バスで40分もかかる郊外で、

簡単な住所と名前を書いた小さなメモしか無いのだから不安で心臓ドキドキ。

ローカルバスで何とか無事に着いた時には緊張で肩が痛かったけど

大袈裟な歓迎のハグを受けながらヤレヤレと力が抜けていくようだった。

中に入ってみると、おばさん連中が私を含めて4人。

オヤオヤ、こんなことになってるとはつゆ知らず

土産も何も持参しなかったことを悔いる。

招待してくださったノルウェー人は

日本に何度も行っている親日家で曾孫もいらっしゃるご高齢。
仙台に2年住んだというアメリカ人さんは子供が2人でイギリスに居る。
日本には全く興味が無い孫が3人のドイツ人。
と私。

ランチというからにはさぞかし美味しいものが出るだろうと期待していたが

しっかり裏切られ、小エビのクリームスープに硬いパンだけ。
しかも小エビは冷凍をいきなり鍋に入れ

クリームスープの中で溶けるのを待つというあらっぽい料理。

ランチしながら和やかに世間話と相成ったわけだけども、

皆がみんな英語ペラペラって訳では無いけど

なぜかしら充分伝わる不思議さで、

話す内容が内容だけに忘れられない。


あのサぁ、日本の若い女の子達ってどうしてあんなに顔を真っ黒にしてるの?
親は何にもいわないわけ? 
もっと可笑しいのが靴よネェー。(厚底靴の話)
あんな靴履いてちゃ危なっかしくて仕方ないわねぇ。
だけどさぁこっちにも同じような靴を売ってるるよね。


孫がねぇ、ピカチュウしかダメなのよ。
オモチャもぜーんぶピカチュウなのよったく。
アニメはひょっとして日本のばかりかしらネェ。


あのネェ、ここだけの話なんだけど
相撲取りって結婚してるの?
あれじゃセ○クスできないでしょうにねぇ。
あそこもデカイと思うのよ。
上に乗っかってきたら潰れるわよ。

この辺りから、しもねたの話に花がさき
日本じゃ絶対味わえない美味しい話を聞ける
チャンスをくださった神様に感謝!

 

****

 

いつ頃行ったかすっかり忘れてしまったのですが

招待してくださったノルウェー人方は

あれから3・4年後に痴呆症になり

まもなくして亡くなられました

 

 

 

笑) 文章の中に不適切な言葉が含まれていますと

   注意喚起が出たので○で処理



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11279414c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パスポートの切り替え

 

パスポートが、あと半年は有効なのですが

早目に切り替えた方が気持ち的に楽なので

切り替えました

 

これからの10年、使うことがあるだろうかと

思ったのですが何かに使うかもしれないので10年で更新

 

 

パスポートの査証ページは50ページありました

新しいのを見ると52ページになってましたよ

 

 

 

ほぼいっぱいになったので増したのが2013年

 

増やしたページにはが付き40ページあります

 

 

まだまだ使えるのですが、残存期間が6ヶ月を切ると

入国できない国もあるので変更です

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11256497c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

マンゴー

バングラに行っていたボスが

枝付のマンゴーを2つ持ち帰りました

 

マンゴーの時期は終わったらしいのですが

現地の知人に頼み調達してもらった様です

 

 

見た目は悪いのですが、とっても美味しいんですよ

 

何度かバングラに行ってますので

100%のマンゴージュースを飲む機会も多いのですが

どこで飲んでも美味しい記憶しかありません

 

マンゴーはそのまま食べるのも勿論美味しいのですが

アイスにして食べると、暑い時期には元気が回復する気がします

 

このマンゴーもスピードカッターでジュース状にし

アイスにしていただくことにしましょう

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11237095c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アラブ 4

彼はUAEに住むシリア人で34歳

一家でシリアからUAEに来たのは25年前頃のこと

その後、弟妹が生まれ6人兄弟の長男

 

彼は4年前から外資系企業で働いていて

仕事も出来るようでかなり重要なポストに居るらしい

その彼が悩んでいた

 

僕が働いている職場はアメリカスタイルの会社なので

いつ首を切られるか分からない

同じ会社で働いているUAE人は首になることなど無いが

僕は違う

シリア人は危険と思われている

 

半年前にトルコに行き土産物屋でシリア人だというと

売ってもらえなかった

だからイスラエル人だと言ったんだ

 

ワイフのお父さんはシリアに居るんだけど

月に2・3回は刑務所に入る

何故かって、、、

ワイフのお父さんは大金持ちなんだ

考えられないほどの大金持ち

金が欲しい警察官や裁判官達がするんだよ

 

時計が欲しいとか、宝石が欲しいとか・・、

耳元で囁くんだ

拒否すると刑務所さ

 

半年前にワイフが帰国したんだけど

空港から20キロの実家に帰るのに8時間かかった

何故かって、、、

500メートルから1キロごとに検問所があって

手荷物や身体検査があるのさ

デラハムを持っていたら外国のお金は必要ないと取り上げられたり

金を払うと通れるとかで時間がかかった

 

4年前はこんなことになるとは思いもしなかったから

給料のいい外資に入ったけど、首を切られる前に

次を考えなきゃいけない

 

僕のお父さんは今年定年になるから

ギリシャに行ってドイツに行く予定にしている

ドイツでドイツ国籍を取得するためにネ

手に職はあっても英語さえ話すことができないから

ドイツで働くと言っても無理だろう

母は妹たちがまだ学生なのでここに残る

 

生活費は問題ない 

家賃がかなり入るので父がドイツで暮らしても困らない

 

父がドイツ国籍を取れば

家族で移住出来るんだが無理だろう

弟はドイツ人と結婚したから安心

 

弟がドイツ国籍を取ったとしても

父母の永住は認められないだろう

 

 

日本は差別はしないだろうけど国籍を取るのはとても難しいので

ヨーロッパで探しているがなかなか無い

 

アサドは良くなかったが、今の混乱よりまだましだった

アサドの時は国と反体制の2つだけ争っていたが

今は小さなグループがいっぱいあって

それぞれが訳もなく争っている

国も機能していないし、警察官も国民の為には働いていない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースやネット・新聞で知ってはいたが

知り合いから嘆きを聞くと「本当は何も知らない」と知る

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11210704c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アラブ 3

アラブのホテルといえば・・・

誰もが一度は泊まってみたい7つ星の

ばーじゅ ある あらぶ」に行ってみました

 

 

このホテルを案内してくれた人は

ホテルを含めた関連施設のセキュリティを統括している会社に

勤めている人で週に2・3回はここに来るのだそうです

 

ホテルに行く橋にはゲートがあり

案内してくださった方は顔パスですんなり通過

なんだかちょっとリッチな気分になっちゃいます

 

 

 

玄関の様子

 

その方の車は普通なら地下の駐車場に入れるのだそうですが

今回は私たちが乗っているので玄関で引き渡しです

 

玄関脇にはムスタングとかリンカーンとか並んでます

 

 

裏の

 

プールではリッチな親子連れがまったり

 

このホテルを含む周囲2キロの海岸線はプライベートビーチだそうで

海ではモーターバイクが4・5台かっ飛ばしています

 

エレベーターで最上階まで上がってみました

エレベーターに乗るにもレストランの予約が無ければ行けないそうで

彼のおかげで予約無しでも上がることができます

 

 

 

上がってみると

スカイビューバーに着きます

 

リッチな人たちがゆったりとした時間を過ごしておられます

 

 

スカイビューバーでコーヒーを頼むと100デラハム(約3000円)

(ゴメン、記憶が定かではありません)

キャンセルすると500デラハム(約15000円)取られるんだとか

(こちらははっきりと覚えてますよ、たかがコーヒー一杯の

 キャンセル料が1万5千円だなんてと憤慨したんですから)

 

悪徳商法ですよね 笑

 

 

陸側はこんな景色が広がっています

 

真下に見える大きなホテルやアミューズメント

工事中の場所は全部ここのホテル関連なんだそうです

 

いったい社長ってどんな人なの?と聞くと

ドバイの王様なんだそうです

 

大きな施設はほとんど王様がトップに居て

マネーもがっぽり入るようになっているんだとか。

えらいことですわ 

 

 

 

最上階には会議室もありました

 

たまたま空いていたので入ることができました

 

 

 

2階部分から下の様子が見られるようになっています

 

いったいどんな人たちが会議をするのと聞けば

大部分がビジネス関係の方々のようです

 

 

最上階ですからヘリポートもすぐ傍に見えます

 

ここはテニスコートにもなっていて

随分前にアガシとへデラーがテニスしてたよなぁー

 

 

このホテルには22トンもの金が使用されているんですって!

 

なるほどと納得したのは

 

トイレのビデ用

取っ手も金だなんてリッチすぎる 笑

 

 

って言うか、ウォシュレットにしていたら8つ星になったかもよ

 

 

 

ここで泊まる人は

中国人とロシア人ばっかりなんですってよ

なんだかなぁーって呟く

 

 

余談 このホテルに泊まった方のブログありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11209537c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アラブ 2

はなももさんに戴いたこのチケット

 

 

行かなきゃ損とドバイメトロに乗って

 

 

 

着いたのがドバイモール近くの駅

 

はなももさんから日没に上がるといいよとアドバイスを受け

5時半ごろ駅に着きました

 

長い通路を歩いてドバイモールへ

メチャクチャ大きいショッピングセンターには水族館もあったりします

迷子になりドバイタワー(★)はどこから入るのかと聞くこと3回

 

(★ブルジュ・ハリファと覚えきらないのでドバイタワーと言ったら

  誰もが理解してくださいましたよ)

 

 

さほど待ち時間も無く上がった452メートル

 

 

360度ぐるりと下界の写真を写す私、何枚写したか分からない

 

 

 

 

アラビア湾に沈む夕日を見ながら日没を待ち

 

 

真下では噴水が始まりました

 

 

夜空にそびえるタワー

 

 

お月様も見え綺麗

 

 

噴水の近くのレストランで食事

 

 

 

 

帰り際、チケットセンターで料金を見ると

我々が泊まるホテル代より高かった!

(当日券一人500デラハム、 30倍すると1万5千円 ワオー)

 

 

はなももさん、ありがとうネ

 

 

 

 

 

追伸

今年のカウントダウン花火の様子

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11208340c.html
海外 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
茶利イメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<