話がとまらないばーば

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/tyari

IH VS GAS

家を建替えようと思いたったのは

消費税が5%から8%になる頃だから、かれこれ4年前

 

その間には紆余曲折がありつつ、今に至るわけですが

過去記事でキッチンについての考察を読むと

あの頃の考えが変わっていないことに気がつきます

 

貸家に住むまでは、電気よりガスと思っていましたが

貸家はアイエイチクッキングヒーター

 

使用している感想としては

「使わずして嫌がること無かれ」ですかね

 

使う前は、ガスが一番と思っていましたが

電気も悪くないと思います

 

お湯はすぐ沸きますし油の飛び散りも少ないですし

コンロ台の掃除が簡単ですし綺麗に保てます

 

ですが、調理中のストレスはかなりあります

焼き魚は問題ありませんが天麩羅が困ります

一定温度になるとサーモが働きますので

具材を入れてもすぐには温度が上がらないのですよ

天麩羅をカリッと揚げるにはそれなりの訓練が必要です

また、鍋振りも出来ませんし

中華大好きな私は中華鍋が使えないのもガッカリ

 

なのでガスにするのですがガス台を何にするか

福井に居た頃、随分と見て回りましたと言いたいところですが

残念ながら福井にはショールームを兼ね備えたメーカーが無く

住宅フェアーのガスコーナーを見るくらいでしたから

広島に帰省したときガスショップに行ったりメーカーに行ったりと

どれが良いか調べました

その結果、リンナイのデリシアに決定

そうすると工務店さんが提示される標準タイプより高くなるわけです

涙チョチョギレですが、そこは譲れません

 

アイエイチを使ってみて思ったのは高齢になるとガスより電気だなと。

 

貸家のクッキングヒーターを取り替えた時

特殊仕様電源があれば簡単に取り替えられるを目の当たりにし

将来簡単に変更出来るよう特殊電源も付けていただくことにしました

 

涙チョチョギレ×2倍

 

 

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11540860c.html
家の建替え | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

たしかに天ぷらはIHはめんどくさいね。下の息子の家で同居していた時 家内がプロパンガス屋とケンカしてIHにして、太陽光を付け、オール電化にしたけどコスト的にはガスが一番安そうだね。今 長男夫婦の居候でガスだけど、米油を使い始めたのと
火力が強いので、揚げ物が多いなと思っている。注文住宅は大変だね! 今月は仕事がひまなので、仕事の合間にブログをアップしています。土曜日に第5回を書く予定

[ すなちゃん ] 2017/01/26 16:27:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

ガスが安いとは知らなかったです
光熱費全体から考えれば、
オール電化の方が安いと思いますが・・・

若い方と一緒だと揚げ物が多くなるのも致し方ありませんね

ブログ拝見しましたよ
マラソン頑張ってる? 
太鼓腹が認めてないみたいよ 笑

千円以下は繰り上げにも笑えました

鍾乳洞といえば、アメリカ横断した時のことを思い出しました
3・4箇所の鍾乳洞を見ましたが大規模なので疲れる疲れる

次回を楽しみにしてますね




[ 茶利 ] 2017/01/26 20:26:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

オール電化+太陽光で確か350万位のローンを組んだと思うので売電で何時元がとれるかわかりません。売電も10年間は高額で引き取ってくれますが、後は不明それと日照時間と屋根の向きで相当差が出ます。オール南向きの屋根であれば最高、東京と広島とでは日照時間が差があるみたいですね。福井では、冬は発電量が雪とかの影響で少ないと思います。ちなみに発電量がいいのは5月頃です。夏の暑さにもパネルは弱いみたい、梅雨の雨にも弱わかった。業者の口車に乗ってはだめだね。

[ すなちゃん ] 2017/01/27 8:53:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

すなちゃん

>オール電化+太陽光で確か350万位のローン

そうなんですか! 知らなかったです
パネルが乗っかっている屋根は
そのくらいの経費が掛かっているんですね

福井でもオール電化にしている家庭は多かったですよ
おっしゃるように日照時間が問題ですが・・・

パネルのことも調べたことがありました
結果は将来が明るくないってことでしたネ



[ 茶利 ] 2017/01/27 22:40:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

分電盤の位置

貸家を案内してくださった不動産屋さんが

この商売をしてますとね、これが必需品なんですよと

見せてくださったのが痒いところを掻く「孫の手」

同業者にプレゼントをしたらみんな喜んでくださったのよ

 

女性の担当者さんは小柄なこともあり

分電盤のブレーカーを上げるのに苦労するのだそうだ

「孫の手」はブレーカーの上げ下げにとても重宝するんだとか

 

彼女曰く

家を建替えられるのですから分電盤は手の届きやすい場所になさいなさい

ブレーカーが落ちる度に椅子を持ってウロウロするようじゃぁ困りますからね

と指南してくださった

 

思い起こせば分電盤って必ずと言っていいほど高い場所にある

滅多に使うことが無いし、安全面も考慮してのことだろうが

彼女の言うように真っ暗な中右往左往するのもいかがなものかと思う

まぁ、今の分電盤はきっちりしているので家中が真っ暗はありえないが。

 

さて、我が家の分電盤をどこに設置するか

いろいろと思慮した結果、下駄箱の中段に決めました

さほど大きくは無い下駄箱ですが近未来は二人暮らしですから

分電盤の場所くらいは確保できるでしょう

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11537483c.html
家の建替え | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

夜光テープを貼ってるので暗闇でも確認できます・・

[ 速歩ランナー ] 2017/01/19 20:24:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

速歩ランナーさん、
夜光テープってグッドアイデアですね!
でも、高い場所にあると、ちょっと困るかもね

[ 茶利 ] 2017/01/20 7:45:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

我が家はちびのわたしでも手が届きますね・・ありがたや

[ 速歩ランナー ] 2017/01/20 9:16:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

玄関ドアの鍵

工務店さんと打ち合わせの度に積み重なる金額

あちこち削っても増え続けヤケクソになっている茶利です

 

 

たとえば玄関ドアの鍵

福井に住んでいた時、産業会館で住宅フェアがあった時

玄関ドアも展示してあり、鍵穴に鍵を差し込まなくても施錠できるドアを見て

へぇ〜こんなに進化してるんだぁ〜と思うだけで自分のことではなかった

 

打ち合わせも佳境に入り玄関ドアを決める為ショールームに行く

 

ショールームの担当者さんから

車のキーは進化してますよね

それと同じように玄関ドアも鍵を使わなくていいんです

ホテルと同じ様にドアを閉めたら鍵が掛かりますし

遠隔操作が出来るタイプもございます

このようなタイプは後付け出来ませんので

将来のことを考えると今考えておかれるのがいいでしょう

と説明を受ける

 

鋭く反応したボス

「それでお願いします」

 

 

スマホで施錠できるタイプも開発されているんですね

何もかも進化し続けている昨今

このタイプでよかったのか悩むわ

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11536448c.html
家の建替え | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

かぎも相当進んでいるね!でもお父さん、お母さんは鍵開けれる
のかな?ホテルで下着のままドアの外に出て鍵がしまった人を見たことあるけど。会社のブログ蘭にベトナム書いたけどチェックしてみてください。

[ すなちゃん ] 2017/01/18 16:48:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

すなちゃん 親が鍵を使うことはほとんど無いかも
もし使っても簡単だから大丈夫よ

ベトナムの旅行記、面白く拝見してますよ
クルージングで魚介類が食べられるのはいいねぇ〜♪
もし行くことがあったら絶対に食べるわ

次回アップを楽しみにしてるよ

[ 茶利 ] 2017/01/19 17:37:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

夫婦の力関係

整理整頓が出来ない夫と掃除が嫌いな妻ですのでよろしくと

工務店の社長に初対面で言い放った茶利です、こんにちは

 

ボスは整理整頓が出来ない人で

私は掃除が大嫌いなのです

 

まずボスの部屋は極力小さくしました

かっこよく言えば書斎ですが、畳2枚分ありません

これだけ狭いと、取り散らかしても大丈夫でしょう 

 

その代り私の仕事場は畳4枚分

ボスの部屋の倍以上あります

 

 

介護をしている妻に頭が上がらないボス

ふふふ、今がチャンス!

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11533157c.html
家の建替え | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

想定外

当初の新築費用見込額がドンドン膨らみ爆発寸前

頭にサロンパスを貼りたい茶利です

 

 

 

チラシなどで建売物件を見ると

土地付きで二〜三千万とか出てますよね

なので、家だけなら当然安いと思っていましたよ

 

5月の連休、工務店さんの出された最初の見積り額を見てビックリ仰天

広島だから高いのか、ぼったくられているんじゃないか、とか

思いましてね、たまたま用事で来られた、

福井で交流のある工務店さんに設計図を見ていただいたんですね

 

そうしたらなんと、僕なら×○△□は有に掛かりますね

と言われた金額が、見積額とドンピシャ

前もって見積額を教えた訳ではないのに言い当ててしまったのですよ

 

なんでそんなに掛かるんですか?と聞けば

注文住宅ですからね

スーツを例にとってもですね既製品とオーダーメードは違いますよね

何から何まで違うんですよ

高くなるのは仕方ないことなんです

 

打ち合わせのたびに、

あれよりこっちのほうがいいよねとか

ここの棚を増やしてくださいとか

年寄りがいるからねぇーこうしたほうがいいんじゃないかとか

ドンドン注文を付ける訳ですよ

そうしたまぁなんと宝くじも買えません

 

しかもですよ地盤が軟弱ときたもんだ

 

 

この地は、元々海岸だったようで

砂地で水分を含んでるのだそうです

地盤調査で強固な改良が必要とのこと

 

深さ3メートルの縦穴にバラスを入れる仕様が

40本以上も作られるんだとか

地震がきても大丈夫でしょう・・・たぶん

 

地盤改良費や解体などは当初費用には含まれていないのです

解体も大きな岩がゴロゴロあるし、

親が捨てられなかった不用品が山ほどありましたからね

 

 

これから先のことを思うと、たった15年で80なので

ここに住むのも果たして何年だろうかと思うと

無駄なことをしてるんじゃないかと考えるこのごろです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11525184c.html
家の建替え | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

ボスは専門家でしょ。東京の方は鋼管杭を打つか、地盤改良材を混入する方法がとられるけど、広島は砂利杭ですか?家の基礎は全面べた基礎で船のような形になるのかな?いろいろ大変でっすね。自分たちの将来を考えて暮らしやすい家を基本ですね。
確かに家を建てるのって何をするにもコストが付いてきますね
ある程度は歯止めをかける事も必要ですね。自分ができることは
自分でやった方がいい。しかし、介護とボスの協力が無しでは
難しいね。

[ すなちゃん ] 2016/12/27 9:48:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

すなちゃん、おはようございます

そうなのよ、家を立替ようと決めてからは
専門家の知識が邪魔をしてね
自分の家で実験をしたいとか言い出してね
基礎はどうの、熱源はどうの、屋根にはあれをとか
夢はいっぱいあったみたいだけど
いざ建てるとなるとそんなことしちゃいられないのよ
まず職場が変わったら忙しさが倍増
加えて福井での仕事も残っているから週一で通ってたりするわけ
なので夢はどこかに飛んで行っちゃいました

昨夜もお義父さんがあの基礎はどーなっとるんかのぉー
隣は針金を入れてしとったがのーと聞くんですよ
今からするんじゃけぇ心配しんさんなと。
何かにつけてあれはどうなのか、
あーしたほうがいいんじゃないかとかうるさいのよ
いちちち聞いてたらアホになりそうなので(笑)
適当にあしらってますが、親子は似てるわね

[ 茶利 ] 2016/12/28 9:32:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頼りになる工務店

当初の予定から1ヶ月遅れで

やっと来週から解体に入ります

 

一ヶ月前の事

解体が遅れる話をしたら

お義父さんが

「あんたらぁーなにやっとるんじゃ

 さっさ出来んのか」とエライ剣幕で怒鳴りましたので

 

お義父さん、私等、引越ししてきて、まだ1ヶ月しか経ってないのよ

すぐに事が運ぶわけないじゃない

と話したようなことでした

 

間口が狭く縦に長い家ですので左右前後で4軒分の隣接地があります

それぞれに問題があり、特異なケースだと工務店さんの話でした

それらの境界線をきっちりと整備し、

家を建てる場合に、民法で定められた50センチ離さなければいけないのですが

間口が狭い為30センチにしたいので、その許可を取るとか

ボスの出張が多く、なかなか打ち合わせが出来なかったりとかありまして

一ヶ月遅れとなったのですが、一ヶ月で締結出来たのは、

ひとえに工務店さんのおかげでございます

これが以前契約しようとした分離発注ならば不可能だっただろうと思います

 

頼んだ工務店さんは、かなりお忙しいと思うのですが

私達では難しかった話も、粛々と進めてくださり

本当にありがたかったです

きっちりとしたプロの仕事は依頼側としては頼もしい限りで

ジューケンさんに頼んで良かったと思っています

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11509857c.html
家の建替え | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

終の棲家

これからの終の棲家考える時

なるべく小さい家がいいと思っていた

理想は江戸時代の長屋風現代版

玄関を入れば小さな台所があって部屋の奥には小さな庭

6畳一間があるきりで、手を伸ばせば事が足りる小さな部屋とトイレに風呂

子供たちが帰省したら食事は一緒にするけど泊まりはホテルでいい

と以前、義両親に言ったことがある

 

舅の反応は血相変えて激怒

そんな生活は相成らん、子供が帰ってきても泊まれないとは何事ゾ

お前たちはそれでも親か?

家をなんと思っているのだ、家族が集ってこその家だろう

ここは本家だぞ親戚に対しても申し訳が立たん

いつ帰ってくるつもりだ

帰っても一緒には住まんと言うのか

わしらと一緒には住みたくないのか

 

親の意見も分かるが数年先は夫婦2人きりの生活だ

家の立替に退職金を使い果たし、将来の年金も乏しいものだ

光熱費や税金も抑えたい

歳をとれば掃除も億劫になるだろうから小さくていい

そう考えるのは当たり前のことではないだろうか

と大喧嘩をしたのは2013年のことだった

 

あれから状況が変わり、仕事先も決まり親と同居と相成った

仕方ないがある程度広い家にならざるを得ない

ダイニングキッチンもあればリビングもあり客室も仏間もある

親の寝室、我々の寝室、この際だから私の仕事場も欲しい

と、どんどんエスカレート

 

 

先日、古い知人とハーツ志比口店でバッタリと出会った

聞けば、子供が小さい時春江の団地に家を建てたが

子供たちが独立し、夫も定年になると春江は住みにくくなり

家を売り、この近くの小さなマンション移った

買い物も便利だし病院に近い、部屋も少ないので楽なのよと言う

 

家を変えられるのって、うらやましいなぁー

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11460254c.html
家の建替え | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね!

[ 水戸の美容室おすすめクーポン ] 2016/08/22 21:19:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

コメントを入れてくださってありがとう

最近ブログを書くのが億劫になっているのですけど
楽しみにしているって書いてくださると
これではイカンと背中を押された気分です

今日も元気にがんばります!!!

[ 茶利 ] 2016/08/23 8:47:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

第三のステージへ

ボスの両親はヘルパーさんやご近所に助けていただきながら

何とか暮らしているが、義母の世話をする義父も90を過ぎ

もう限界に近づいている

 

そのような両親を心配しているボスは定年まで後丸2年

これ以上待たせるわけにはいかないと広島での再就職先を考えていた

 

ありがたいことに、同じ職種で働ける先が見つかった

決まったのが2月末

4月から来て欲しいとの事だったが、都合上9月の中旬になる

 

ボスの実家は(たぶん)大正末期頃の建物で町屋作り

間口が狭く、奥行きの長い家だ

テレビなどで見ることのある町屋風情を残していて

以前紹介した中庭も町屋ならではのこと

 

町屋は両側の家同士で支えあう壁の作りで、隣が建替えれば

自分の家の壁は内壁だけになる

次々と両隣が取り壊し、新しくなったり駐車場になったりで

実家の壁も内壁だけになってしまった

中庭の廊下は傾いているし壁には亀裂が入っている

地震が来なくてもいずれ倒れそうだ

 

しかも古い家そのままなので外部との仕切りは障子一枚

トイレに行くにも中庭の廊下を通るが

廊下にガラス戸など無くて、寒い冬でも吹きさらしの中を歩く

 

「ワシの目の黒いうちは家をなぶることなどならん、

 わしゃぁこの家がすきなんじゃ、この家で死にたい」と頑なだった義父も

不本意ではあるが承諾してくれた

過去に書いた日記で義父と大喧嘩していたのもこれが原因

 

 

そのようなことなので一旦実家に同居しつつ建替えの準備をし

年末までには賃貸住宅に移り、来年の春過ぎ頃には新居の予定

 

 

物が捨てられなかった生活を見直している今日この頃です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11404829c.html
家の建替え | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いよいよ始動

家を建替えたいと書いたのが3年前

紆余曲折があって、今年の秋からやっと始動です

 

3年前に頼んだ教授は副学長になられ

(奥さんも金沢の某女子短大で副学長されておられるそうです びっくりぽん)

元々忙しいお方だったのがメッチャ忙しくなられたし

分離発注が無謀だということもよく分かり

工務店にお願いすることになりました

 

3年の間に、広島ではどこに頼んだらいいのか調べました

初期設計をお願いするにしても5万円掛かりますので

2社に絞込み我々の要望をいっぱい書き、伝えたのが3月末

 

連休に2社さんから大体の設計と経費を説明していただきました

帰広していた長男夫婦も交えたことも幸いし、議論白熱

福井に帰り次男の意向も加え最終的には我々が決めます

 

それによれば男達はA社に軍配、

A社を選んだ理由はすっきりしていて予算もそれなり

 

義父と(義母は理解不能)嫁さんと私はB社

B社にした理由は夢が広がる設計と

住まう人のことをしっかり考えてくださっていたことです

 

設計していただくのって、とても面白いですね

同じことを伝えたはずなのに全く違う設計ですもん

突っ込み所満載のA社、そうするんですか!のB社

それぞれ特徴が出ていて唸りました

 

以前教授にお願いした設計図を現実目線も加え

改めて見直すと、なるほど納得の設計をされていました

以前は設計図を見て絶対に可笑しいよと笑いが出てたのに

3年の間には自分の考えも変わっています

今からの家もしっかり考えなければと思っています

 

福井の工務店の社長との話で

家の事は奥さんが決めるほうがいい方向になりますね

の言葉も踏まえ、

今日、ボスが2社さんに結果を伝えたようです

 

 

カテゴリーに「家の建替え」を増やしましたので

これからどんどん書いていくつもりです 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11401874c.html
家の建替え | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あれからどうなったの?

ボランティア仲間とランチをしていたときのこと

「あれからどうなったの? 家のこと」

と聞かれた

 

「あれはねぇー・・取りやめたのよ」

 

「えーーっ しっかり進んでいるものと思ってたわア」

 

「10月の始めに親が福井に来てねぇ

 いろいろと話し合ったのよ

 親はね、家が新しくなると私たちも帰ると思っていたの

 帰らないんじゃあ新しい家に住んでも意味がないってことになってね

 結局、やめたのよ」

 

「その方がいいわよ 2人だけになって住む家を作った方がいいわ」

 

「本当に作るとなったら平屋で小さい家を作りたいわ

 私たちが後期高齢者になる頃は施設なんか入れないだろうから

 ヘルパーさんが介護しやすい家を建てたいと思ってるの」

 

「そうよねぇー子供たちと一緒に住むとしても

 どうなるか分からないものねぇ、小さい家でいいのよ」

 

 

というようなことになりまして、

家を建て直す計画は頓挫いたしました

 

 

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p10963189c.html
家の建替え | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
茶利イメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<