話がとまらないばーば

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/tyari

大岡越前でも裁けない

以前から怒り癖が治らないお義父君

お義母さんが亡くなってからというもの

精神状態が不安定になり何かにつけ文句が出る

 

文句だけならまだ許せるが

不本意なことで声を荒げられるとたまったものではない

 

腹に据えかねる事態が起きたのは日曜日の朝食の時

私が言った何気ない一言からだった

 

日曜日の朝刊に旅行会社のチラシが入っていた

それを見ていた夫が台湾が安いなぁと言うので

台湾よりこんぴら歌舞伎に行きたいわ

先日広島発着で特別席で弁当が付いて確か1万7千円台でいける

記事が載ってたのよ、でもお父さんが居るので行けないわね

と言った

 

その後、4日後にはアラブに行くというので土産を買いに一緒に出かけ

昼前に帰宅するや否や

お義父君が声を荒げて「ちょっとここに座れ!」と怒鳴る

何事かと思えば

「今朝何を言うんなら、このバカが! ワシがおらんほうがいいんか!

 わしゃぁ情けのうて情けのうてあれからずーっと泣いとったんじゃ」

と声を震わせながら怒鳴る

 

私としてはそんなことなど思いもせず、ただ普通に会話しただけのつもりが

このように受け取られるのに腹が立ちそれからは口をきかなかった

 

火曜日の夜は夫の帰宅が遅いのでお義父君には先に食事をしてもらう

私は同席せず、2階でパソコンで遊んでいた

下から怒鳴り声が聞こえるので降りてみると

「これを見て何とも思わんのか!ワシに一人で食事をさせてていいんか!」

 

いつもなら食事をする前に今夜は遅くなるので一人で食べてくださいと

言うのだけれど、その時は腹の虫が収まっていなかったので何も言わずにいた

 

お義父君を無視してまた2階に上がる

「降りて来い 降りてこんか!」と2・3軒先まで聞こえるほどの大声で

5分も怒鳴っている

まぁよく体力続くもんだと感心しながらダンマリを続けていたが

怒鳴り声はトゲのように私の心に突き刺さる

 

私も面白くないがお義父君はもっと深刻だったとみえ

翌日ケアマネさんを呼んだ

胸のうちを聞いてもらわなければ収まりが付かなかったらしい

私も同席し話し合いをしなければ事が済まんと命令される

 

担当のケアマネさんはお義母さんが痴呆になってからだから

3年以上は義両親と関わってくれている

40代の女性で、仕事に責任も感じているし、やりがいがあるので

ずーっと続けたいと思っている人だ

 

お義父君の話を黙って聞き続けている

10分も経った頃だろうか、やっとケアマネさんが話し出す

 

おとうさん、お母さんが亡くなって辛いのはよくわかる

でもね、嫁さんは悪気があって言ったことじゃないんだろうと思うよ

 

と、ゆっくりと諭す

 

ほじゃがのぉー一人で食事をするほど不味いことはないんじゃ

3人で食べてこその家族だろうが とあくまでも自己中

 

いつも一緒に食事をするのは無理だろう

年寄りの時間帯と若夫婦の時間帯が違うのだから仕方のないこと

と言っても取り合わない

 

私も長男と結婚していて近い将来は同居という条件で家も建てたんだけど

同居となれば仕事を止めるようになるだろう

この仕事をしていて嫁の立場を知るにつれ、同居は嫌だと主人に言っている

 

というようなことを語られると

 

そりゃぁあんたのことだろう、わしらにゃ関係ないことじゃ

 

と取り付くしまがない

 

嫁は「してあたりまえ」「するのが当然」という考え方を押し付ける

 

それは今の時代誰も受け入れられないのよと言えば

 

「茶利ならできる せにゃいけん」

 

ヘルパーさんには「ありがとう」と言っていたでしょ

嫁さんにも言ってます?と問うと

口を固く結んでそんなこと言えるか!の雰囲気

 

と、まぁ、1時間半も話したが ジジイの考えは変わらずでしたよ

 

 

今日からジジイと2人暮らし

どうしたものか・・・

 

 

 

 

 

真夜中にケアマネさんの携帯に泣きながら電話してくる嫁さんもいらっしゃるそうです

 

こんなに辛い思いをして同居・介護をしていても相続権はないんですよね

 

そこも腹が立つ要因かもしれません

 

 

 

 

帰り際、ケアマネさんから

ご主人ともじっくり話をさせていただきたいし

施設に入ってもらうほうがいいでしょうという提案あり

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000040297/p11655463c.html
日常 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

うーん大変だね。特に同居が遅かったね。結婚当初から同居だと
そうまでないと思うけど、わがまま言える人がいなくなってさびしんだね。自分の母親は、子供は独立して最後はひとりで暮らすことを30年近く時間をかけて自分を納得させていたから(特に長男が亡くなってから)92歳まで一人暮らしを頑張っていた。
昨年の10月に孤独死寸前までいって一人暮らしが難しいと感じたのか、姉貴の家の近所のグループホームに入ったらどうかとすすめたら、あっさりOKしました。それまでかたくなに拒否をしていたが、以外だった。お義父さんに施設に入ってもらうのは
中々納得しないと思うよ。特に生まれ育った土地でしょうからね。施設に入っても、四六時中連絡が来るような気がする。
お義父さん中心の家だと思っていると思えるからね。
茶利さんに甘えているですよ。無視したらかわいそうかな。
お義父さんと接する時間はそんなに長くないとおもうから
自分を含めて頑張るしかないよね。

[ すなちゃん ] 2017/09/07 15:03:19 [ 削除 ] [ 通報 ]


すなちゃん、全部その通りなのよ
家を建替えたことも気にいらないし
話し相手がいないのも寂しいし
邪険にされるのが怖いのよ

私にしたら何を甘えてるのよと思う訳

まぁ、折り合いをつけるしか打開策は無いから
私が折れるしかないんだけど、やってられん 笑

購読している雑誌に心を元気にするエッセイみたいなのがあるの
今日は一日中過去の雑誌を引っ張り出して読んでます

それを読んでると、修行が足らないなと思ってます 笑




[ 茶利 ] 2017/09/07 17:18:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今回だけの復活
さようなら
立派な領収書
このブログトップページへ
茶利イメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<