旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

フィンランド  

産業遺産

 

フィンランド  

 

ヴェルラ砕木・板紙工場

 

 

 

ヴェルラの工場の操業は、1872年に始まった。しかし、1876年の火災で焼失した上、資金繰りの問題もあって一端は閉鎖された。現存する工場群は、1882年以降のものである。この時に大株主の一人となったドイツ系のフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ディッペルは、弟の建築家カール・エドゥアルト・ディッペルとともに、工場群を整えていった。工場はレンガ造りで、ネオゴシック様式が踏襲されている。

フリードリッヒ・ディッペルの死後、所有者は転々としたが、最終的には Kymmene 社(現 UMP 社 ; UMP)が買い取った。操業は細々と続いたが、最後まで残っていた70代の労働者7人が引退したとき(1964年6月18日)に、工場は閉鎖され、以後は博物館となった

 

産業遺産より

 

 



産業遺産

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11756566c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ノルウェイ
ドイツ
スイス
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 45 379248
コメント 0 306
お気に入り 0 11