旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

ベルギー 2

世界遺産ランキング 外

 

ベルギー 2 

 

プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体  2005年

 

プランタンは大規模に印刷・出版事業を手がけ(16世紀後半)、
その後モレトゥス(娘婿)や子孫が受け継ぎ継続させる(1867年まで)。
その当時の家屋・工房が博物館となり残る。
・現存する 世界最古の 印刷機 技術伝える 博物館

 

 

 

ストックレー邸  2009年

 

オーストリアの建築家(ホフマン・ヨーゼフ)が建てたベルギー金融業者ストックレーの私邸。
近代ゼザインに影響を与えたといわれている。
・内部には 素敵な壁画 あるらしい 私有地なので 外から見学

 

 

 

ワロン地方の主要な鉱山遺跡  2012年

 

この国の近代産業を支えた四つの鉱山(石炭)遺跡群。その当時の炭鉱の様子や炭鉱労働者の生活が保存され見学できる。
ボワ・デュ・ルック鉱山はヨーロッパで一番古い炭鉱(17世紀開坑)である。
・イタリアから ワロン地方の 炭鉱へ やって来て広めた パスタ料理
・炭鉱で 働く人の 街であり 暮らしと一体の 理想的な都市(グラン・オルニュ) 

 

 

 

ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献  2016年

 

20世紀の近代建築運動に多大な影響を及ぼした一人であるル・コルビュジエの作品群。ル・コルビュジエ(1887年 - 1965年)はスイス出身の建築家でパリを拠点に活動した建築家である。世界各地に残る建築作品のうちフランスを中心とする7か国(フランス、 スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、インド、日本)の全17作品の建築群が選ばれ、その結果複数の大陸をまたぐ初の世界遺産となる。
・ギエット邸 住宅を兼ねた アトリエなり 採光の良い 箱型住宅

 

 

 

カルパチア山地とヨーロッパ他地域のブナ原生林  2017年

 

最終氷期終了以降に広がったブナ原生林。種類の多様さ、木々の大きさに特徴がある。ヨーロッパのブナ林のほとんどは伐採されており、数少ない生育地となっている。
・この遺産 もっとも多くの 12か国 国境を越えて 登録される

 

 

 

ベルギー世界遺産ランキング一覧より



世界遺産ランキング 外

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11669553c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
スロバキア 2
スロバキア 1
ボツワナ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 5 365375
コメント 0 306
お気に入り 0 11