旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

日本

産業遺産

 

日本

 

 

 

 

石見銀山遺跡とその文化的景観

 

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めたとされる。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)とも呼ばれた。明治期以降は枯渇した銀に代わり、などが採鉱された。本項では石見銀山の概要と歴史、および2007年に登録された世界遺産としての石見銀山についても言及する。

 

 

 

日本の産業遺産より



産業遺産

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11732487c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
オランダ
ウルグアイ
ヴァル・ドルチャ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 37 380804
コメント 0 306
お気に入り 0 11