旅行

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukui.areablog.jp/hamaco0126r

ベルギー

産業遺産

 

ベルギー

 

 

 

 

 

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群

 

 

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群(ワロンちほうのしゅようなこうざんいせきぐん)はベルギーの世界遺産の一つであり、19世紀から20世紀における炭鉱技術の発展および世界各地から集まった鉱山労働者の社会的変化と文化的交流などを伝えている。登録対象となっているのはワロン地域エノー州の3鉱山とリエージュ州の1鉱山であり、その保存状態はいずれも良好である。

 

 

 

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

 

 

採掘は紀元前4000年ころにはじまり、紀元前750年頃に終わった。採掘の井戸は深さ 15 m ほどまで掘られ、地下採掘坑内の面積は 100 ha に及ぶものである。しかし、それは時が来るまで埋もれていた。

発見されたのは19世紀のことである。鉄道敷設中に古代の採掘跡の最初の痕跡が発見された。これはベルギーのみならずヨーロッパでも最初のものであり、ミヒェルスベルク文化期の村落も発見された。

石の材質は石英質で硬い上に加工しやすく、石器時代には石器の材料として多用された。火打石(燧石)としての使用が主になるのは鉄器時代に入ってからである。

 

 

 

ベルギーの産業遺産より



産業遺産

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukui.areablog.jp/blog/1000066654/p11734388c.html
カンボジア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
オランダ
ウルグアイ
ヴァル・ドルチャ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
水瓶座イメージ
旅(日本、世界)、
カンボジアのお店などの情報をお伝えします。
ファミマのお得情報など
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 27 384599
コメント 0 306
お気に入り 0 11